Kei Kobayashi ‎– Routine Funk Label #EP(CD)

¥ 1,000

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※送料は別途発生いたします。詳細はこちら

送料について

この商品の送料は、配送方法によって異なります。
配送方法は、ご購入時に選択することができます。
  • ゆうパック

    日本郵便が提供する宅配サービスです。荷物追跡に対応しています。

    地域別設定
    • 北海道

      • 北海道 1,070円
    • 東北

      • 青森県 740円
      • 岩手県 740円
      • 宮城県 740円
      • 秋田県 740円
      • 山形県 740円
      • 福島県 740円
    • 関東

      • 茨城県 690円
      • 栃木県 690円
      • 群馬県 690円
      • 埼玉県 690円
      • 千葉県 690円
      • 東京都 690円
      • 神奈川県 690円
      • 山梨県 690円
    • 信越

      • 新潟県 740円
      • 長野県 740円
    • 北陸

      • 富山県 740円
      • 石川県 740円
      • 福井県 740円
    • 東海

      • 岐阜県 740円
      • 静岡県 740円
      • 愛知県 740円
      • 三重県 740円
    • 近畿

      • 滋賀県 840円
      • 京都府 840円
      • 大阪府 840円
      • 兵庫県 840円
      • 奈良県 840円
      • 和歌山県 840円
    • 中国

      • 鳥取県 940円
      • 島根県 940円
      • 岡山県 940円
      • 広島県 940円
      • 山口県 940円
    • 四国

      • 徳島県 940円
      • 香川県 940円
      • 愛媛県 940円
      • 高知県 940円
    • 九州

      • 福岡県 1,170円
      • 佐賀県 1,170円
      • 長崎県 1,170円
      • 熊本県 1,170円
      • 大分県 1,170円
      • 宮崎県 1,170円
      • 鹿児島県 1,170円
    • 沖縄

      • 沖縄県 1,290円

    ※日本以外にお住いの方は0円です。

  • レターパック

    ポスト投函も可能。追跡サービスも利用できます。

    全国一律 510円
  • 定形外郵便

    保障や追跡サービスがないことを予めご了承ください。

    全国一律 250円
  • レターパックライト

    全国一律 360円
<>外部サイトに貼る
外部サイトへの埋め込み方

下記コードをコピーして、あなたのwebサイトのHTMLに貼り付けてください。

通報する

Kei Kobayashi ‎– Routine Funk Label #EP(DCD001)

Jazzie BがSOULⅡSOULより以前に結成していたDJチーム、FUNKIE DREADが80年代にリリースしたレアグルーヴ系メガミックスの傑作「LONDON BEATS」とHipHopプロデューサー、45KINGのインスト・ヒップホップ・クラシックス「The 900Number」に小林径氏がインスパイアされて制作したレアグルーヴ・メガミックス、Routine Funk Label。Abnormal Yellow BandのFunky Oreo2000 (Routine Funk Remix )も収録。


1.The 2000number Pt1
2.The 2000number Pt2
3.Funk O'nilovic Pt1
4.Funk O'nilovic Pt2
5.Routine's Mama Funk (Long Version)
6.A.Y.B. / Funky Oreo2000 (Routine Funk Remix )
2002

小林径:クラブ黎明期から現在まで東京を代表するSelectorとして第一線で活動する。90年代は初期レアグルーヴ・マスターとしてDJやリミックス、プロデューサーとして活躍。自身のアルバム『routine』をドイツの99recordからワールドワイド・リリースされ世界中が絶賛した。00年代に入るとコンピレーション『Routine Jazz』シリーズが高セールスを記録し、Giles Peatersonのラジオ番組「WORLDWIDE」で特集を組まれるなど高い評価を受ける。近年は、LEFT FIELDをキーワードに実験性に富んだ表現スタイルを追求しその新境地は早くもコアなDJや音楽マニアの間で評判に。4/22には、最近の集大成とも言うべき作品『Whole lotta shakin go in on』を発売。「2016年のペットサウンズ」と形容されるなど各方面から高い評価を受けている。