CD

Mantronix - The Album(CD)
Mantronix - The Album(CD)

¥ 1,998

85年に、NYのクラブミュージック専科〈Sleeping Bag Records〉からリリースされるやいなや、インディーズながらポップ・チャートに躍り出たマントロニクス。エレクトロ・ファンクの始祖、アフリカ・バムバーターの子供のひとりである彼らは、カーティスマントロニクとMCティーのチームだ。

天才的なプログラミング・スキルを持ちTR-808他を操り生み出すカーティスの革新的なエレクトロ・ビートとMCティーのパワフルなラップは唯一無二のエレクトロ・ファンク・サウンドとしてリリース当時から現在まで数々のDJやアーティストに影響を与え続けている。いわゆる80年代以降のダンス〜クラブ・ミュージックのルーツといえる本当の名盤だ。当時から現在まで幾度となく再発されたことがその証拠。

そして、2019年にこの名盤が日本初CD化される。全曲リマスター&12インチ・シングル・ヴァージョンを搭載した完全盤として再発となっている。すでに慣れ親しんだ人もまだ未聴の人もぜひ手にとっていただきたい一枚だ。(提供:Octave-Lab)

【Song List】
1. Bassline
2. Needle To The Groove 3. Mega-Mix
4. Hardcore Hip-Hop
5. Ladies
6. Get Stupid "Fresh" Part 1
7. Fresh Is The Word
8. Fresh Is The Word (Original 12" Version) -Bonus Track
9. Fresh Is The Beat (Original 12" Dub Version) -Bonus Track
10. Needle To The Groove (Original 12" Version) -Bonus Track
11. Jamming On The Groove (Original 12" Dub Version) -Bonus Track
12. Bassline (Original 12" Club Version) -Bonus Track
13. Fresh Is The Word (Unreleased '88 Remix) -Bonus Track

オリジナル発売:1985年|新規日本語解説付き、2019年最新デジタル・リマスター

※6月5日発売。発売後に発送させていただきます、予めご了承下さい。

Mantronix - Music Madness(CD)
Mantronix - Music Madness(CD)

¥ 1,998

『The Album』から約1年という短いスパンでリリースされたマントロニクスのセカンド・アルバム『Music Madness』。狂気の音楽と題されたこのアルバムは、カーティスの冴え渡るプログラミング・スキルが爆発、TR-808他の限界を突破しマシン・ミュージックでありながらコピー不可という驚愕のビートを生み出した。そこには、チェップ・ニューネズという天才エディターの存在があった。彼のエディティングが全曲に施されており、エディット・マジックがかけられた本作は誰もコピーできないエレクトロ界の革命的名盤となった。80年代後半から現在までポップ・ミュージックにおけるダンスミュージックの細分化されたトレンド(パッと思いつくところで、ニュー・ジャック・スウィング、ビッグ・ビート、エレクトロニカ、バイレ・ファンキ、ゲットー・ベース、トラップ)のルーツがこのアルバムにあるといっても過言ではない。(提供:Octave-Lab)

【Song List】
1. Who Is It?
2. We Control The Dice
3. Listen To The Bass
4. Ladies UK Remix
5. Big Band B-Boy
6. Music Madness
7. Electronic Energy Of...
8. Scream
9. Mega Mix
10. Scream (Original 12" Club Version) -Bonus Track
11. Scream (Original 12" Dub Version) -Bonus Track
12. Who Is It? (Original 12" Freestyle USA Club Mix) -Bonus Track
13. Who Is It? (Original 12" UK Club Mix) -Bonus Track
14. Who's Dub Is It? (Original 12" Dub Version) -Bonus Track
オリジナル発売:1986年|新規日本語解説付き、2019年最新デジタル・リマスター


※6月5日発売。発売後に発送させていただきます。予めご了承下さい。

Steinski ‎/ Steinski's Burning Out Of Control (The Sugarhill Mix)(CD)
Steinski ‎/ Steinski's Burning Out Of Control (The Sugarhill Mix)(CD)

SOLD OUT

¥ 1,300

【Used】03年、DJやターンテーブリストの作品をリリースしていた英国のレーベル〈Antidote〉からリリースされたミックスCD。その音源はオールスクーラーにはおなじみの〈Sugerhill Records〉に残されたオールドスクール・ラップ・クラシックスの数々だ。この一枚があれば楽しく〈Sugerhill Records〉を知ることができる。

【Song List】
Unknown Artist/Intro 2:08
Grandmaster Flash & The Furious Five/Freestyle 4:10
Sugarhill Gang/Livin' In The Fast Lane 4:55
Spoonie Gee/Spoonie's Back 3:46
Busy Bee/Makin' Cash Money 2:57
Sequence/Fi-Ya Up That Funk 2:07
Treacherous 3/Yes We Can-Can (Interlude) 1:20
Kool Moe Dee/Do You Know What Time It Is 2:03
Whatnauts/Why Can't People Be Colours Too? (Interlude) 1:25
Busy Bee Busy/Bee's Groove 4:20
Treacherous 3/Feel The Heartbeat 4:13
Sequence Featuring Spoonie Gee/Monster Jam 3:22
Sylvia/It's Good To Be The Queen 0:58
Funky 4 + 1 More/That's The Joint / Joint Remix 3:49
Grandmaster Flash & The Furious Five/Freedom 2:48
Mean Machine/Disco Dream 4:44
Positive Force/We Got The Funk (Interlude) 0:42
West Street Mob/Breakdance Electric Boogie 2:54
Grandmaster Flash/The Adventures Of Grandmaster Flash On The Wheels On Steel
West Street Mob/Let's Dance 1:43
Grandmaster Flash & The Furious Five/Superrappin' 7:53
Grandmaster Flash & The Furious Five/Scorpio 4:31
West Street Mob/I Can't Stop 3:22
Unknown Artist/Outro

スタインスキーによるカットアップが冴え渡るミックスで、〈Sugerhill Records〉のラップ・クラシックスからマニアックな楽曲をまとめています。スクラッチでSIXTOOら1200HOBOSで知られるアンダーグラウンド・ヒップボップ界のDJ Signiftyが参加。さらに、シャウトアウトでPrince PoulやCut Chemistが参加しミックスに花を添えている。

Steinski ‎/ Nothing To Fear(A Rough Mix)(CD)
Steinski ‎/ Nothing To Fear(A Rough Mix)(CD)

SOLD OUT

¥ 1,300

【USED】03年、〈Ninja Tune〉主催のネット・ラジオ〈Solidsteel〉でオンエア用にスタインスキーが制作したミックスのCD化。その名も『Nothing To Fear(なにも恐れない)』。12インチ・シングルでもリリースされている。

【Song List】
1 Tonight From NY Intro 1:32
2 Swingset (10 Beautiful Girls Mix) 3:21
3 Opening Credits 1:17
4 Greatest Man Alive (Man’s Game Mix) 2:32
5 The ID (Small World Mix) 3:23
6 Let's Get It On (Big Daddy Mix) 1:25
7 Hit The Disco (MC Enuff Mix) 3:49
8 Lolita (Burning Mix) 1:36
9 Hot Spot (Terrible Love Mix) 2:50
10 It's A Funky Thing Pt. 1 (Special Feature!) 5:19
11 BBoy Breakdown (You Got The Job Mix) 2:29
12 B-Beat Classic (Airwave Interlude) 0:36
13 Funk Construction (Prodigal Son Mix) 3:01
14 Them That's Not (Cash Mix) 2:10
15 Swan Lake (Beat Poets Mix) 3:07
16 Here We Come (Death Mix) 2:18
17 Product Of The Environment (Redfern Gowanus Electro Mix) 1:42
18 By Any Means Necessary (Malcolm & Bobby Mix) 2:07
19 The Art Of Getting Jumped 1:09
20 I Like It Like That (Scratch It One Time Mix) 1:03
21 Solid Air (Junk Mood Mix) 3:23
22 Country Grammar (Hydro Mix) 2:34
23 Let's Get It On (Reprise Dub) 0:46
24 Muscles (Mistake Interlude) 0:24
25 Easin' In (Pedro's Letter Mix) 1:27
26 It's Time To Testify (MC5 Mix) 1:54
27 The Acid Test 0:52
28 Silent Partner (Peace Out) 0:52


もはや説明不要のカットアップ職人、スタインスキーによるミックス。これが悪かろうはずがありません。全体的にファンクを感じるブレイクや楽曲が多い印象で、緻密なカットアップで作られた10数分のメガミックスを集めて1本のミックスにたような仕上がり。はっきりいってヒップがホップします。

Steinski ‎/ What Does It All Mean? (1983-2006 Retrospective)(CD)
Steinski ‎/ What Does It All Mean? (1983-2006 Retrospective)(CD)

¥ 1,650

【Used CD】08年、マッシュアップ・アーティストGirltalk率いるレーベル〈Illigal Art〉からリリースされたSteinski名義のコンピレーション。過去のカットアップ/メガミックス/リミックス作品をまとめたベスト盤。全てリマスター済み。さらに〈Ninja Tune〉主催のネット・ラジオ〈Solidsteel〉でオンエアされたミックスCDが付いた2枚組。


Double Dee & Steinski/The Payoff Mix 5:23
Double Dee & Steinski/Lesson 2 (James Brown Mix) 4:23
Double Dee & Steinski/Lesson 3 (History Of Hip Hop) 5:03
Afrika Bambaataa & The Jazzy 5/Jazzy Sensation (The Jazz Mix) 5:04
Double Dee & Steinski/Voice Mail (Sugar Hill Suite) 5:35
Double Dee & Steinski & Mass Media Featuring DJ ET/The Motorcade Sped On 4:00
Steinski & Mass Media/It's Up To You (Television Mix) 5:05
Coldcut & Steinski/I'm Wild About That Thing 4:46
Steinski/The Big Man Laughs 4:19
Steinski/Vox Apostolica 4:38
Boom Boom Satellites/Is We Going Under? 6:38
Steinski/Ain't No Thing 6:33
Producers For Bob/Everything's Disappeared 4:12
Steinski/Number Three On Flight Eleven 7:48

【Nothing To Fear】
Steinski/Tonight From NY Intro 1:31
Steinski/Swingset (10 Beautiful Girls Mix) 3:21
Steinski/Opening Credits 1:16
Steinski/Greatest Man Alive (Man's Game Mix) 2:31
Steinski/The ID (Small World Mix) 3:23
Steinski/Let's Get It On (Big Daddy Mix) 1:25
Steinski/Hit The Disco (MC Enuff Mix) 3:48
Steinski/Lolita (Burning Mix) 1:36
Steinski/Hot Spot (Terrible Love Mix) 2:49
Steinski/It's A Funky Thing Pt. 1 (Special Feature Mix) 5:18
Steinski/Bboy Breakdown (You Got The Job Mix) 2:29
Steinski/B-Beat Classic (Airwave Interlude Mix) 0:36
Steinski/Funk Construction (Prodigal Son Mix) 3:00
Steinski/Them That's Not (Cash Mix) 2:10
Steinski/Swan Lake (Beat Poets Mix) 3:06
Steinski/Here We Come (Death Mix) 2:18
Steinski/Product Of The Environment (Redfern Gowanus Electro Mix) 1:41
Steinski/By Any Means Necessary (Malcolm & Bobby Mix) 2:07
Steinski/The Art Of Getting Jumped 1:08
Steinski/I Like It Like That (Scratch It One Time Mix) 1:02
Steinski/Solid Air (Junk Mood Mix) 3:23
Steinski/Country Grammar (Hydro Mix) 2:33
Steinski/Let's Get It On (Reprise Mix) 0:46
Steinski/Muscles (Mistake Interlude Mix) 0:23
Steinski/Easin' In (Pedro's Letter Mix) 1:27
Steinski/It's Time To Testify (MC5 Mix) 1:54
Steinski/The Acid Test 0:52
Steinski/Silent Partner (Peace Out) 0:53


D.J. Shadow /  Q-Bert Mix (Live!!!)(CD)
D.J. Shadow / Q-Bert Mix (Live!!!)(CD)

¥ 1,500

【Used】97年、英国のインディー・レーベル〈Mo' Wax〉からリリースされたDJシャドウ作品を、アメリカは西海岸のターンテーブリスト集団インヴィジュアル・スクラッチ・ピクルズ所属、Qバートがスクラッチ・スキル全開でミックスした作品。アブストラクト・ヒップホップ黎明期の重要作品のひとつ。英国盤CD。

1.Camel Bobsled Race

96年、アブストラクト・ヒップホップという地平を切り拓いたDJシャドウの名盤『Endtroducing.....』。そのリリースまでに彼がリリースしてきた作品を素材としてスクラッチ・ミックスを作ってしまおう企画がこれだ。当時ターンテーブリスト界隈で頭角を表していたターンテーブリスト凄腕のQバートを指名し、基本的にターンテーブルとレコード2枚によるスクラッチだけでミックスしたライブ・ミックス、、、いやライヴ演奏だ。

【素材リスト】
"Napalm Brain"
"Midnight in a Perfect World"
"Organ Donor"
"Iron Butterfly - Get Out of My Life, Woman"
"DJ Krush - Meiso (DJ Shadow Remix)"
"Hardcore"
"Bonus Beats (from 89.9 Megamix)"
"In Flux"
"Number Song"

83年の「D.J.Africa Bambaataa/Death Mix」から約14年。パーティーが基本だったヒップホップなるものから派生したインドアでしかもリスニングに特化するアブストラクト・ヒップホップ(=DJシャドウ)。そして、ブレイクの2枚使いから進化したスクラッチを基本としたターンテーブリスト達の登場(=Qバート)。当時のアフリカ・バムバーターも想像していなかっただろう。彼らはバムバーターへのリスペクトを忘れなかった。自分達がどこから来て現在に辿り着いたのか?それをジャケットで表現した。97年というミレニアムを前にした時期のヒップホップというジャンルから派生した進化&新種の記録とは大袈裟か。

D.J. Afrika Bambaataa / Death Mix 3(CD)
D.J. Afrika Bambaataa / Death Mix 3(CD)

¥ 1,500

【Used】06年、〈Paul Winley Records〉からリリースされた「Death Mix 2」。一部で話題になったリイシューだったが、それに気を良くしたのか?続けてこんなものをリリースした。「Death Mix 3」!! 雑なデザインのジャケットもオールドスクールすぎるレアな1枚だ。

1.D.J. Afrika Bambaataa/Death Mix
2.Cymande/Sweet Talk
3.Cymande/It's Magic
4.Ann Winley & Harlem Underground Band/Remember Me And The Good Times
5.The Masterdon Committee/Funk Box Party
6.Rap Dynasty/Street Rock
7.Tanya Winley & Paulette Winley/I Believe In The Weel Of Fortune
8.Osibisa/Oranges
9.Martin Disco Band/Disco Circus

「Death Mix 3」。まだミックス音源があったのか?!と買ったはいいが、これは「Death Mix2」と同じミックスだった。ただし、〈Paul Winley Records〉のカタログから厳選したブレイク・ネタの楽曲をプラスしてコンピレーションにしたもの。

つまり、この楽曲を使って「Death Mix」みたいなもんを作ってみようという教科書的な内容になっている。これは勝手なこちらの好意的な解釈だが、実際は追加で音源ぶちこんで値段高くしてもう一回売ろうってなもんでしょう。これでこそ(良い意味で)オールドスクールなラップ・ビジネス・メンタリティー笑。雑なジャケットも含め潔さすら感じます。

D.J. Afrika Bambaataa / Death Mix 2(CD)
D.J. Afrika Bambaataa / Death Mix 2(CD)

¥ 1,000

【Used】07年、〈Paul Winley Records〉の倉庫から「Death Mix」の続きがカセット・テープで見つかった!世界中にいるオールド・スクール好きのドギモを抜いた「Death Mix Vol.2」がこれだ!

1 Death Mix Live 2(Part 1)
2 Death Mix Live 2(Part 2)

リヴァーヴを効かせたマイクでコズミック・フォースがMCで、DJや出演者の名前を連呼。またラップ調のライムでオーディエンスを煽っていく。MCとはマスター・オブ・セレモニー。彼らは初めからラップをしたわけじゃない。パーティーを盛り上げるために言葉を発したのだ。それがラップの始まりだ。そのラップ事始が見事に真空パックされている。

DJアフリカ・バムバーターはレコードの2枚使いでブレイクを繋げていく。83年当時のDJプレイだ。上手い下手ではなく当時はどういうDJプレイをしていたのか?このミックスは、歴史的事実が確認できる貴重な瞬間の連続だ。このCDは、ヒップホップ好きがラップ/DJの基礎解析をするための資料だろう(大袈裟)。

D.J. Afrika Bambaataa / Death Mix(CD)
D.J. Afrika Bambaataa / Death Mix(CD)

SOLD OUT

¥ 1,000

【Used】83年、ブロンクスのジェームズ・モンロー高校で行われたDJパーティーの模様をライヴ録音したミックスCD。リリースは言わずと知れた〈Paul Winley Records〉。オールドスクール好き/DJ文化好きは避けては通れない1枚。Live MixなのにDeath Mix、、、最高です。07年、米国再発盤。


1 Death Mix Live (Part 1)
2 Death Mix Live (Part 2)
3 Zulu Nation Throwdown Volume 1 Vocals – Cosmic Force*
4 Zulu Nation Throwdown Volume 1 (Instrumental) 5:59
5 Zulu Nation Throwdown Volume 2 Vocals – Soulsonic Force
6 Zulu Nation Throwdown Volume 2 (Instrumental)

Jackson 5「It's Great to be Here」の荒々しい2枚使いでスタート(「Death Mix II」には、イエロー・マジック・オーケストラも!)、マイク・チェック「ワン、ツー」はコズミック。フォース!今では考えられないラフなプレイだが83年という時代を考えてほしい。これはラップ〜ヒップホップがジャンルとして完成していない時期の貴重な記録なのだ。ブレイクとは?スクラッチとは?DJとは?MCとは?ラップとは?ヒップホップとは?その答えのひとつがこのDeath Mixには詰まっている。「聴いて感じろ!」のDJ/ヒップホップ・バイブルのひとつだ。(Bambaataa- Zulu Nation-Soul Sonic Forceによるラップ・クラシックス「Zulu Nation Throw Down Part.1&2」も収録!)



Various ‎– The Ultimate Lessons 3(CD)
Various ‎– The Ultimate Lessons 3(CD)

SOLD OUT

¥ 800

【Used】03年に〈Starchild Recordings〉からリリースされたブート盤第3弾。タイトル通り「Lesson」シリーズにインスパイアされたメガミックス〜マスターミックスをまとめたコンピレーション・アルバム(中古)。ほぼアナログ・オンリーなのでCDで気軽にまとめて聴ける。それに、メガミックス音源をデータ化できるのが嬉しい。

1–DJ Format/English Lesson
2–Z Rock /Scratch Party 3
3–DJ Bombjack/The Lesson 7
4–Peter Duff/Big Apple Productions 2
5–Kid Koala/Scratchappyland
6–Mr. K/Rock The House Pt. 1
7–Chuck Chillout/Hip Hop On Wax V. 1
8–DJ Red Alert/Hip Hop On Wax V. 2
9–Norman Cook aka Fatboy Slim/ It Began In Africa
10–Cold Cut/Hot Plate 1
11–DST/Why Is It Fresh

Various ‎– The Ultimate Lessons 2(CD)
Various ‎– The Ultimate Lessons 2(CD)

SOLD OUT

¥ 800

【Used】02年に〈Starchild Recordings〉から突如リリースされたブート盤。タイトル通り「Lesson」シリーズにインスパイアされたメガミックス〜マスターミックスをまとめたコンピレーション・アルバム(中古)。ほぼアナログ・オンリーなのでCDで気軽にまとめて聴ける。それに、メガミックス音源をデータ化できるのが嬉しい。

1–Double Dee + Steinski/Lesson 4 (Solid Steele Edit)
2–Coldcut/Say Kids (What Time Is It?)
3–DJ Shadow / Cut Chemist / Nu Mark Live Lesson D
4–Mr. K/Feelin' James
5–DJ Bombjack/Lesson 7
6–Coldcut/Beats & Pieces
7–Double Dee + Steinski/Jazz
8–Ser & Duff/Big Apple Productions
9–Double Dee + Steinski/Sugar Hill Suite
10–Coldcut/Coldcut Vs The Godfather
11–Coldcut/Payback
12–Cut Chemist/Live Lesson E

The Ultimate Lessons - Cut Chemist/DJ Shadow(CD)
The Ultimate Lessons - Cut Chemist/DJ Shadow(CD)

¥ 800

【Used】02年に〈Starchild Recordings〉から突如リリースされたブート盤。「Lesson1,2&3」はもちろん、Djシャドウとカット・ケミストによる「Lesso4、6」を収録。97年の97 Future Primitive tourのライヴ・ミックスと、さらに彼らとスタインスキーが共演して話題をよんだ 「Lessons" recordings live」、DJシャドウのパリで行われたフェスティヴァルのライヴ・ミックスを収録したアルバム。


1–Double Dee & Steinski:Lesson 1: The Payoff Mix
2–Cut Chemist/Lesson 4: The Radio
3–Cut Chemist/Lesson 6: The Lecture (Original Unedited Version)
4–Double Dee & Steinski/Lesson 2: The James Brown Mix
5–Double Dee & Steinski/Lesson 3: The History Of Hip Hop Mix
6–DJ Shadow/Lesson 4
7–Cut Chemist, Shortkut /Live Lesson A
8–DJ Shadow, Cut Chemist, Steinski/Live Lesson B
9–DJ Shadow/Live Lesson C

Ginger Does'em All / Sweet Brown Addicted(CD)
Ginger Does'em All / Sweet Brown Addicted(CD)

¥ 1,000

05年10月20日にリリースしたアルバム『Nodes Reversed On』に続き、08年10月6日にリリースしたセカンド・アルバム『Sweet Brown Addicted』。

ファンキー・パティシエ、Ginger Does'em Allが、自身の愛する70’sブラック・ミュージック(ジャズ・ファンク、ディスコ、ファンクおよびモータウンやフィラデルフィア・ソウル、ラテン、アフロ・ビート、レゲエ)から厳選した最高の素材をエディットし独自の解釈を加え再構築し作り上げたアルバムだ。本作では、過去のアブストラクトな楽曲から身体性に重きを置いたダンサブルな楽曲へと変化している。当時盛んに行なっていたDJプレイによって培われたグルーヴを注入された結果だろう。

収録された楽曲は、大胆なエディットと緻密なカットアップにより作り込まれた現行のジャンルにはおさまらない先鋭的なダンス・ミュージックで、〜のようなと形容不可能なオリジナリティーに溢れている。一度聴いたら忘れられないはず。他で聴いたことのないようなダンス・ミュージックをお探しのあなたにもってこいの一枚です。

[Sing List]
1. MIDDY-BIDDY LET YOURSELF
2. LET YOURSELF
3. REPTILES FUNK
4. UP!
5. AFROSTANDING
6. MOUTH TO MOUTH
7. SANDY
8. WHEN IT RAINS
9. ORDINARY PEACE
10. SISTER HATE
11. RUB THE HONEY ON ME
12. COKING BLUES

Ginger Does'Em All / Get It (CD)
Ginger Does'Em All / Get It (CD)

¥ 1,000

Ginger Does'Em All / Get It (CD)

70年代のブラック・ミュージック全般、特にジャズファンク、ディスコ、ファンクおよびモータウンやフィラデルフィア・ソウル、ラテン、アフロ、レゲエ(ダブ)に影響を受け音楽制作をはじめたジンジャー・ダズエム・オール。カットアップ、エディットを駆使したディスク・トップ・ミュージシャンだ。

07年に〈Delic Redords〉よりリリースされた12インチ・シングルに新曲を加えてリリースされたミニ・アルバムがこの「Get It」だ。うねるベース・ライン、ファンク!なドラム、カットアップ・ボイスサンプルなどで様々なサンプリング・ネタを大胆かつ緻密なエディットとカットアップ、そしてサイケデリックなダブ・ミックスで再構築。彼にしか作り出せないラップ・トップ・ミュージックは、ブラック・エレクトロニカあるいは00年代のディスコ〜ソウル・ミュージックだ。このミニ・アルバムには一度聴いたら忘れられない音世界が広がっている。リョウ・アライ、カッパブラックのリミックスを収録!!

【Song List】
1 Low Day (Lay More)
2 Get It (Extended Mix)
3 Good Bye Straw Hat
4 Birdrib (Extended Dub Mix)
5 Get It (Riow Arai Remix)
6 Good Bye Straw Hat (Reconstructed By Cappablack)

Ulticut Ups!! & Matsumoto Hisataakaa ‎ Cut Up (CD)
Ulticut Ups!! & Matsumoto Hisataakaa ‎ Cut Up (CD)

¥ 1,000

Ulticut Ups!! & Matsumoto Hisataakaa ‎ Cut Up CD

00年代に〈Delic Records〉からリリースされたAYBフォース・クルーであるアルティカット・アップスとマツモト・ヒサターカーによる12インチ・シングル「Cut Up Ep」シリーズ。

80 年代にリリースされたブートレッグ「Lesson」シリーズや「Big Apple」シリーズ、「Say Kids」などのメガミックス〜カットアップ古典作品へのオマージュだ。

無数のネタをエディット〜スクラッチで緻密に組み立て制作された楽曲群は、大袈裟ではなくあのアヴァランチーズにも負けてはいないと言い切ってしまいたいほどの仕上がり。

さらに、彼らの根底に流れるどーしようもないほどのBボーイイズムがファンクとなって楽曲から溢れ出しているため、サンプリング・ヒップホップ〜ブレイクビーツ好きのDJやリスナーを狂喜させた。そのシングルは当時早々とソールドアウト、現在も中古市場でも滅多にお目にかからない幻の12インチ・シングル群となった。

そんなシングル群にボーナス・トラックを収録してCD化されたのがこの『Cut Up CD』だ。オールドスクール〜ミドルスクール好きはもちろん、レアグルーヴ好き、エレクトロ好き、メガミックス〜マスター好き、ブレイクダンサーあたりは無視厳禁のブレイク&ビート集だ。07年リリース。廃盤。

【Song List】
1 Ulticut Ups!! Overdose Suite 1 (Album Edit)
2 Mercedes Boy The One
3 Matsumoto Hisataakaa Don't Break My Specs #1
4 Ulticut Ups!! Theme Of Ulticut Ups! (藤ノ森Break)
5 Ulticut Ups!! Nana Bites...
6 Ulticut Ups!! Theme Of Ulticut Ups! (Do It Myself)
7 Ulticut Ups! Overdose Suite 1 (After The Summer Break - AYB Remix)
8 Matsumoto Hisataakaa DJ Service #0 (Skit)
9 Matsumoto Hisataakaa Quench Your Thirst
10 Matsumoto Hisataakaa Don't Break My Specs #2
11 Matsumoto Hisataakaa Kill Your Thirst! W/Hot Edit
12 Ulticut Ups!! S.O.U.R. Shot
13 Ulticut Ups!! Overdose Suite 1 (2 Da Another World - AYB Remix)
14 Matsumoto Hisataakaa Don't Break My Specs (DJ Dren Remix)

The Bladerunners - Megamix
The Bladerunners - Megamix

¥ 1,000

7L AND ESOTERICとして数々のアングラヒットを持つプロデューサー、7Lと盟友ビヨンダー、ザ・レーザーによるユニット、20年の時空を超えラテン・ラスカルズやチェップ・ニューネズ、スタインスキーやコールド・カットらのカット&ペースト、エディット、サンプリングを継承するパーティー野郎登場【ザ・ブレードランナーズ】!!スリック・リック「LICK THE BALLS」と、御大マーリー・マールのクラシック・メドレーをリエディット・ワークした7インチも好評だった彼らのメガミックスCD!!ケニー・ドープやDJリズが声を上げて賞賛するエレクトロ、ラテン、ディスコ、ハウス、80'sオールド&ミドルスクールの怒涛のカットアップ&エディット&ミックス!! PCに忍び込ませておくと重宝すること間違いなしのヴァージョンがたっぷりと収録されています。

Trk 1 We Located The Razor
Trk 2-11 7L In The Land Of 1210
Trk 12-17 Disable it to the Edit
Trk 18-21 Leave it to the Edit
Trk 22-30 Rockin’ The FM Mode
Trk 31-33 Safe Return
Trk 34 RaZor’s Bonus Edit #1
Trk 35 RaZor’s Bonus Edit #2

FREDDY FRESH / TONEWRECKER / nonSectRadicals EDIT MADNESS CUT.3
FREDDY FRESH / TONEWRECKER / nonSectRadicals EDIT MADNESS CUT.3

¥ 1,000

メガミックスの古典"Lesson1,2&3"&"Bits & Pieces"シリーズ・ヴァージョン2.0! 使用楽曲200曲以上80分弱の超大作メガミックス集!これでもかとeditしています!

Bボーイ魂溢れるオールドスクール・ディスク・ガイド『Rap Records』の編集、古くは80年代後半のマンハッタンでBDPでも有名なB-Boy Recordsでインターンとして働き、そのコネで当時数々の名エディットを作っていたChep Nunez(ヒップホップの古典、『Ultimate Break Beats』シリーズにもクレジットされている名エディター)のスタジオに出入りし彼にの作業を目の当たりした数少ない生き証人、Freddy Fresh。そんな彼が、nonSectRadicalsの『Edit Bibble』にインスパイアされ遂にシリーズ参戦! Bボーイ魂が炸裂したオールドスクール、ミドル、ニュースクール・ヒップ・ホップから最新のヒップホップ~R&B、エレクトロ、テクノ、ディスコ・クラシックス、80'sポップス、定番ブレイクビーツがスクラッチとエディットでズタズタに切り刻まれ料理されていく様は圧巻! さらに新人エディター、Tonewreckerの参加もお見逃し無く!! そんじょそこらのミックスとは訳が違うマッドな内容に聴いておどろけ!!

Kei Kobayashi ‎– Routine Funk Label #EP(CD)
Kei Kobayashi ‎– Routine Funk Label #EP(CD)

¥ 1,000

Kei Kobayashi ‎– Routine Funk Label #EP(DCD001)

Jazzie BがSOULⅡSOULより以前に結成していたDJチーム、FUNKIE DREADが80年代にリリースしたレアグルーヴ系メガミックスの傑作「LONDON BEATS」とHipHopプロデューサー、45KINGのインスト・ヒップホップ・クラシックス「The 900Number」に小林径氏がインスパイアされて制作したレアグルーヴ・メガミックス、Routine Funk Label。Abnormal Yellow BandのFunky Oreo2000 (Routine Funk Remix )も収録。


1.The 2000number Pt1
2.The 2000number Pt2
3.Funk O'nilovic Pt1
4.Funk O'nilovic Pt2
5.Routine's Mama Funk (Long Version)
6.A.Y.B. / Funky Oreo2000 (Routine Funk Remix )
2002

小林径:クラブ黎明期から現在まで東京を代表するSelectorとして第一線で活動する。90年代は初期レアグルーヴ・マスターとしてDJやリミックス、プロデューサーとして活躍。自身のアルバム『routine』をドイツの99recordからワールドワイド・リリースされ世界中が絶賛した。00年代に入るとコンピレーション『Routine Jazz』シリーズが高セールスを記録し、Giles Peatersonのラジオ番組「WORLDWIDE」で特集を組まれるなど高い評価を受ける。近年は、LEFT FIELDをキーワードに実験性に富んだ表現スタイルを追求しその新境地は早くもコアなDJや音楽マニアの間で評判に。4/22には、最近の集大成とも言うべき作品『Whole lotta shakin go in on』を発売。「2016年のペットサウンズ」と形容されるなど各方面から高い評価を受けている。

Various ‎– Remixes of Pieces(CD)
Various ‎– Remixes of Pieces(CD)

¥ 1,000

Various ‎– Delic Records presents Remixes of Pieces
(DDCD 5004)/Dead Stock

レーベル・サンプラー・コンピレーションCD「NUMBER PIECES」の続編とも言えるリミックス集「REMIXES OF PIECES」!12インチ・シングル・オンリーでリリースされたオールドスクール・メガミックスのオマージュ的な音源をまとめて収録。Edit、Sampling、Breaks&BeatsをキーワードにしたFunky B-Boy Break Beatsをお楽しみください。



1.Dub Diablo/Robo Dub - Bastered Poplock Remix
(Remix by Latin Ras Kaz(Japan))

2.Matsumoto Hisataakaa/Don't Break My Specs
(Remix by DJ Dren(UK))

3.Sign 13/2nd Degree - Dodeka Horn Dub (Edit)
(Remix by Matsumoto Hisataakaa(Japan))

4.Freddy Fresh*/World's Best B-Boy Beats Vol. II
(Producer by Freddy Fresh(USA))

5.Sign 13/Foker The 3rd Degree - Mu Stars Remix
(Remix by Mu-Stars(Japan))

6.Ulticut Ups!!/Overdose Suite 1 - After The Summer Break
(Remix by A.Y.B. Force(Japan))

7.DJ Dren/Chality Skoolin' - Dr. Rubberfunk Remix
(Remix by Dr. Rubberfunk(UK))

8.Pablo/High Jazz - Grooveman Spot Remix
(Remix by Grooveman Spot(Japan))

9.DJ Dren/Chality Skoolin' - Caural Remix
(Remix by Caural(USA))

Caligrapher – Yayoi Nishimura
Design – Masahiro Miyao(Applebum)
Mastered By – Yoshinobu lhara
2006

 DEATH COMET CREW /THIS IS RIPHOP(CD)
DEATH COMET CREW /THIS IS RIPHOP(CD)

¥ 3,000

DEATH COMET CREW /THIS IS RIPHOP
(DDCD-5001)/Dead Stock

DEATH COMET CREW:ヒップ・ホップ、ニュー・ウェーヴ、パンク、ディスコが渾然一体化していた80年代初頭のNYCダウン・タウンを象徴するような渾沌とした音塊を生み出していた知る人ぞ知る伝説のノー・ウェイヴ/ヒップ・ホップ・バンド。

様々なパンク〜ニュー・ウェイヴ・バンドで活躍してきた名うてのミュージシャン達が、80年代初頭に結成。彼らは、サウンド・コラージュ、ホワイト・ノイズ、テレビや映画からのカットアップなどの手法を武器に実験的なライヴを毎夜繰り広げていた。しかも、マッド・クラブ、ダンステリア、ピラミッドと言った当時のNYCを代表するポップなディスコを舞台に!

当時のライヴは、ヘヴィ−なエレクトロ・ビートをベースに、フリースタイルでエッジの効いたギター、うねるベースを弾き重ね、テープ・エディットによるSEを直感的に鳴らしながら、ラメルジーやフェイズ2と言ったオールドスクールのレジェンズ達がMCで参加するというもの。完全なインプロヴィゼーション、ジャム・セッションである。

DEATH COMET CREWのアルバム「THIS IS RIPHOP]の曲目リストです。簡単に補足させていただくと、1〜6は、12”シングル「AT THE MARBLE BAR+α」の収録楽曲。7〜12は、83〜84年に、NYCの伝説的ディスコ「PYLAMID CLUB」で行われたライヴセッションの模様をライン録音した楽曲。

「AT THE MARBLE BAR」
1. At The Marble Bar
2. Scratching Glaxies
3. Funky Dream
4. Exterior ST.
5. Funky Dream 2※
6. Interior ST.※  ※未発表曲

SPECIAL GUEST VOCAL:RAMMELLZEE
PRODUCED BY SA&KEN LOCKIE
RECORDED & MIXED BY STEVE PECK AT UNIQUE STUDIO
EXCUTIVE PRODUCER:JOEL WEBBER

「LIVE AT PYLAMID CLUB NYC 1983〜84」
7. America
8. Amphipet
9. Riflemen
10. Dance MoFo
11. One On Ones
12. A King A Wave Passes
10/6/2005

Pitchfork Review↓
http://pitchfork.com/reviews/albums/2569-this-is-riphop/

Death Comet Crew Featuring The Rammellzee – This Is (Re)Phop
Death Comet Crew Featuring The Rammellzee – This Is (Re)Phop

¥ 1,000

Death Comet Crew Featuring The Rammellzee – This Is (Re)Phop
(DDCD-5002)/Dead Stock

Death Comet Crew Featuring The Rammellzee名義の唯一のアルバム『This is riphop』の作品を高木完他のアーティストが時空を超えてRemixしたミニ・アルバム。アートワークは、Asymmedley (from Boredoms) 。


1.At The Marble Bar - Dodeka Horn Remix
(Remix by Matsumoto Hisataakaa)

2.Scratching Galaxies - Death Star Remix
(Remix by Kan Takagi)

3.Interior St. - Pizzarobreaker's Mix
(Remix by Pizzaro)

4.Extrior St. - Hysteric Drummer's Programming
(Remix by Latin Ras Kaz)

5.America - Dren's Old School Tribute Mix
(Remix by DJ Dren)

6.At The Marble Bar - Space Pajama Party Dub
(Remix by The Pajama Boyz)
2005

Various ‎– Number Pieces Vol.2
Various ‎– Number Pieces Vol.2

¥ 2,000

Various ‎– Delic Records Presents Number Pieces Vol.2
(DDCD 5005)/Dead Stock

Death Comet Crewのリーダー、Stuart Argabright率いるDominatrixのエレクトロ・クラシックス「Dominatrix Sleeps Tonight」を軸に、80年代のオールドスクール・ニュー・ウェイブ〜エレクトロ〜ヒップ・ホップを現代語訳すべく制作されたコンピレーション・アルバム。参加アーティストは、Delic Records Crewをはじめ、Death Comet CrewのShin Shimokawa、Traks Boys、Riow Arai、全裸ロック他。

1.DJ AK/The Baddest Motha On Your Turntable
2.Matsumoto Hisatakaa/A Few Minutes Of Electro
3.Shin Shimokawa(DCC)/Lo Hide
4.Rhythmboxer/Adventure Breaker's Beat
5.Dominatrix/Dominatrix Sleeps Tonight
6.Traks Boys/Thoughts & Notes
7.Sign 13 Vs Latin Ras Kaz/1st Degree ~ Editor In The 1st Degree
8.M.A.G.M.A/Macho Mozart (Re-Edit)
9.Zen-La-Rock/Cozmik Funk Soldiers
10.Riow Arai/Walking
11.Ginger Does ' Em All/Get It
12.Kan Takahiko/For Beat

-Bonus Track-
13.Dominatrix/The Dominatrix Sleeps Tonight ("Sleezy" Re-Edit)
(Edited By Crystal、Peech Boy)
14.Dominatrix/Citi That Never Sleep(Unreleased Track)
2006

Various ‎– Number Pieces(CD)
Various ‎– Number Pieces(CD)

¥ 1,000

Various ‎– Delic Records presents Number Pieces(DCD-003)/Deadstock

Edit、Sampling、Breaks&BeatsをキーワードにDJフレンドリーなBreakbeatsを12インチ・シングルでリリースしてきたDelic Recordsのレーベル・サンプラー的コンピレーション。上記のキーワードとリンクする国内外のクリエイターが集結したB Boy Break Beats集。

小林径、Latin Ras Kazをはじめ、後にブレイクするAYB FORCEのメンバーであるUlticut Ups!!、Matsumoto HisataakaaやFREDDY FRESHがMack The Knife名義で参加した。

試聴☞ https://soundcloud.com/delic-records/sets/v-a-number-pieces



1.Dub Diablo(USA)/Robo Dub
2.DJ Dren(UK)/Stylus Catcher
3.Ulticut Ups!!(Japan)/Overdose Suite 1
4.Matsumoto Hisataakaa(Japan) /Don't Break My Specs-Break My Specs(Do It!)
5.Latin Ras Kaz(Japan)/Be-Void Beats
6.Mack The Knife(USA)/World's Best B-Boy Beats Vol.1
7.Mu-Stars(Japan)/Funky Soy Sauce
8.Kei Kobayashi(Japan)/Funko'Nilovic
9.DJ Dren(UK)/Chality Schoolin'
10.Pablo(USA)/The Story Of Sampling

Compiled By Yoshiaki Ishiyama (Delic Records)
Mastered by Rockin' Shiota(Tokyo Rokuon)
Design by Masahiro Miyao(Applebum)
2004

Ultimate Editors - Delic Records Megamix(CD)
Ultimate Editors - Delic Records Megamix(CD)

¥ 1,000

Ultimate Editors - Delic Records Megamix(DQC-716)

80年代にMadonna,Brues Springsteen,Rolling Stones他、数々のビッグ・アーティスト作品をeditしてきた御大Latin RascalsのAlbert Cabreraが奇跡の降臨!!!!!

国内で活動する新旧エディター、DJがDELIC音源をぶったぎった!過去3枚リリースされたコンピレーションに収録された音源を、今まで聴いたこともない古くて新しいサウンド・エフェクト「edit」を駆使しMegamix形式でまとめあげた全8曲の60ミニッツ・オブ・マッドネス!!ニコ動、マイスペやツイッターなどのSNSユーザー、 DTMヘッズからDJやVJまで、、、 全ての「あらかじめコンピューターがあった世代」に贈る新しいサウンド・エフェクト「edit」のバイブル的一枚!

1.Home Cut/#1
(Edited By nonSectRadicals)

2.Matsumoto Hisataakaa/
Matsumoto Hisataakaa Megamix (Cabrera Extreme Cut Up)
(Edited By Albert Cabrera,Ex.The Latin Rascals)

3.Various/Number Pieces Vol.2 Megamix
(Edited By Matsumoto Hisataakaa)

4.Ulticut Ups!!/Ulticut Ups!! Megamix (Cabrera Extreme Cut Up)
(Edited By Albert Cabrera)

5.Matsumoto Hisataakaa/Matsumoto Hisataakaa Megamix
(Edited By nonSectRadicals)

6.Traks Boys/Thoughts & Notes (Okadada Edit)
(Edited By Okadada)

7.Various/Delic Records Megamix
(Edited By Matsumoto Hisataakaa)

8.M.A.G.M.A/Macho Mozart ($pit Edit)
(Edited By [Chopped & Screwed By] $pit)
2011

Design – $pit