安価良盤:12インチ・シングル

Eric B. & Rakim ‎/ I Know You Got Soul (Six Minutes Of Soul)
Eric B. & Rakim ‎/ I Know You Got Soul (Six Minutes Of Soul)

¥ 660

【Used】88年に、Paid In Full (Seven Minutes Of Madness - The Coldcut Remix)の大ヒットに続きDouble Trouble(Norman Cook他)にRemixをオファーし「 I Know You Got Soul (Six Minutes Of Soul)」を再リリースした。Norman CookだけにJackson5「ABC」他を使ったキャッチーなメガミックス・ヴァージョンといった趣。


A.I Know You Got Soul (The Double Trouble Remix, Double Trouble Are Norman Cook And Danny D.)

B1.I Know You Got Soul (Original Version) 4:45
B2.I Know You Got Soul (Acapella)

Eric B. & Rakim ‎/ Move The Crowd / Paid In Full (Re)
Eric B. & Rakim ‎/ Move The Crowd / Paid In Full (Re)

¥ 660

【Used】87年、傑作アルバム『Paid In Full』からカットされた5枚目のシングル。オリジナルはもちろん、Cold Cutによるメガミックスが世界的大ヒットなり、DJミュージックをポップマターにのせた革命的な一枚。この盤は00年代発売されたリイシュー盤。

A Move The Crowd (LP Version)
B1 Paid In Full (Seven Minutes Of Madness - The Cold Cut Re-Mix)
B2 Paid In Full

Eric B. & Rakim ‎/ Paid In Full (Derek B.'s Urban Respray)
Eric B. & Rakim ‎/ Paid In Full (Derek B.'s Urban Respray)

SOLD OUT

¥ 1,100

【Used】87年、傑作アルバム『Paid In Full』からカットされた5枚目のシングル。Derek Bによるリミックスを収録した別シングル。UK盤。


A Paid In Full (Derek B.'s Urban Respray)

B1 Paid In Full (Album Mix)
B2 Eric B. Is On The Cut

Eric B. & Rakim ‎/ Paid In Full (Seven Minutes Of Madness - The Coldcut Remix)
Eric B. & Rakim ‎/ Paid In Full (Seven Minutes Of Madness - The Coldcut Remix)

SOLD OUT

¥ 4,000

【Used】87年、傑作アルバム『Paid In Full』からカットされた5枚目のシングル。Cold Cutによるメガミックスを前面フィーチャーした別シングル。ジャケットも秀逸。UK盤。


A Paid In Full (Seven Minutes Of Madness - The Coldcut Remix)

B1 Paid In Full (Album Mix)
B2 Eric B. Is On The Cut

Eric B. & Rakim ‎/ Move The Crowd(The Democratic 3&The Wild Bunch Remix)
Eric B. & Rakim ‎/ Move The Crowd(The Democratic 3&The Wild Bunch Remix)

SOLD OUT

¥ 1,320

【Used】87年、傑作アルバム『Paid In Full』からカットされた5枚目のシングル。「Move The Crowd」のThe Democratic 3とThe Wild Bunchによるリミックスを収録したシングル。UK盤。

A1 Move The Crowd (Beatmix)
A2 Move The Crowd (Album Mix)

B1 Move The Crowd (The Wild Bunch Remix)
B2 Extended Beat

Eric B. & Rakim ‎/ Move The Crowd / Paid In Full
Eric B. & Rakim ‎/ Move The Crowd / Paid In Full

SOLD OUT

¥ 1,760

【Used】【Used】87年、傑作アルバム『Paid In Full』からカットされた5枚目のシングル。オリジナルはもちろん、Cold Cutによるメガミックスが世界的大ヒットなり、DJミュージックをポップマターにのせた革命的な一枚。USオリジナル盤。

A Move The Crowd (LP Version)
B1 Paid In Full (Seven Minutes Of Madness - The Cold Cut Re-Mix)
B2 Paid In Full

M|A|R|R|S / Pump Up The Volume (Remix)
M|A|R|R|S / Pump Up The Volume (Remix)

¥ 1,000

【Used】87年にリリースされたRemix Version。オリジナルを拡張したExtended Version。

Side A Pump Up The Volume (Remix)
Engineer, Sampler – John Fryer
Guitar – A.R. Kane
Music By – S. & M. Young
Producer – M. Young*
Scratches – C.J. Mackintosh*
Scratches, Performer [Drop Ins] – Dave Dorrell

Side AA Anitina (The First Time I See She Dance) (Remix)
Drums – Colourbox
Music By – A.R. Kane

M/A/R/R/S / Pump Up The Volume
M/A/R/R/S / Pump Up The Volume

¥ 1,000

【Used】86年、ニューウェイヴ〜エレクトロポップをリリースしていたレーベル〈4AD〉からリリースされたサンプリング〜カット・アップによるダンス・レコード。ポップ・シーンのトレンドを変えたと言われる革命的な1枚。

M/A/R/R/Sは、エレクトロ・ポップ・バンドのColourboxとオルタナティブ・ロック・バンドAR Kaneのメンバーを中心に、DJのC.J. Mackintosh、Dave Dorrellがスクラッチで参加した、バンドとDJのコラボレーション・ユニットだ。

軽快な4つ打ちのビートに、カット・アップされていく様々なネタが次から次へと繰り出されていく、メガミックスの手法をそのまま使い制作された。タイトルはEric B&Rakim「I Know You Got Soul」からの引用。

【Side A】Pump Up The Volume
【Side B】Anitina (The First Time I See She Dance)




Det Reirruc & The Latin Rascals / Axel F
Det Reirruc & The Latin Rascals / Axel F

¥ 1,100

【Used 12Inch Single】84年にEddie Murphy主演で公開された大ヒット映画『Beverly Hills Cop』のテーマソング「Axel F」のカヴァー・ヴァージョン?リミックス・ヴァージョン?〈WKTU〉や〈WBLS〉などFMラジオ局でマスターミックス・ショーを手掛けていたTed Currier(ディスコのプロデューサーも)がプロデューサーとなってThe Latin Rascalsを起用し制作したもの。サウンド・エフェクト〈edit〉のお手本ともいえるヴァージョン。聴けばわかります。B面は、A面のハードなドラムをメインにしたラップ・ヴァージョン。リプロ盤。本【The Edit】掲載盤。


【Side A】
A1.Axel F (Radi Edit)
A2.Axel F (Club Mix)
【Side B】
B1.Like Ediie Did(Radio Edit)
B2.Like Ediie Did(Club Mix)
Performer – Club Rapper's

Duran Duran ‎/ Notorious (Latin Rascals Mix)
Duran Duran ‎/ Notorious (Latin Rascals Mix)

¥ 1,100

【Used 12" Single】80’s英国ポップスを象徴するグループのひとつ、Duran Duran。彼らが86年にリリースした4枚目のアルバム『Notorious』からのシングル・カット。

当時のトップ・プロデューサー、Nile Rodgersと組みダンサブルでファンキーな路線を目指した。このリード・シングルは、明らかに米国マーケットを意識したもので当時の12インチ・シングル・マーケットで大人気だったエディット〜リミックス・チーム、The Latin Rascalsを起用。ジャケットにその名前をクレジットするほどの力の入れようだった。Latin Rascalsも彼らの期待に答えるべくイントロから狂気のエディットを炸裂させた。結果、米国で2位、英国で7位の大ヒットを記録した。エッチングなし。通常盤。本【The Edit】掲載盤。

【Side A】
Notorious (Latin Rascals Mix)
Remix – The Latin Rascals
【Side B】
B1 Notorious (Single Version)
B2 Winter Marches On

Mr.K / Rock The House
Mr.K / Rock The House

¥ 990

87年、Danny KrivitがMr.K名義でDJ向けメガミックス専科〈T.D.Records,Inc〉からリリースしたメガミックス名盤「Rock The House 」。緻密なエディット・スキル(スクラッチも)が遺憾無く発揮され、メガミックスを超え楽曲として成立しているというミラクルな1枚。今聴けばThe B Boys feat. Mc Donald D 「Rock Da House」のリミックス・ヴァージョンといえる。そのBPMから当時Bボーイ御用達のブレイクダンサー・アンセムとしても機能した。99年には、Dj Spinnaがこの楽曲と同じネタを使い構成を変えた「Rock」をリリースした。リプロ盤。

Raw Silk / Do It to the Music
The B-Boys's / Rock the House
The Jimmy Castor Bunch's It's Just Begun
James Brown / Give It Up or Turnit a Loose (Remix)
The Magic Disco Machine / Scratchin'

Side A Rock The House Part.1
Side B Rock The House Part.2

Mr.K / Love Is The Message
Mr.K / Love Is The Message

SOLD OUT

¥ 990

【Used】87年、Danny KrivitがMr.K名義でDJ向けメガミックス専科〈T.D.Records,Inc〉からリリースしたリ・エディット名盤「Love Is The Message」。MFSBは〈Philadelphia International Records〉の屋台骨を支えたハウス・バンド。彼らが73年に同タイトルのアルバムでリリースした。その後、ディスコで爆発的ヒットとなりTom Moulton Mixなど様々なヴァージョンがリリースされた。そして、Mr.Kが自身のディスコDJの経験を踏まえテープエディットで仕上げたリエディットが本作。街角リリースのブートレッグなれど、わかっているDJはこのレコードのヴァージョンをプレイするといわれている。B面は、77年にリリースされた「 The Fantastic Chi-Lites 」収録の華麗なフィリー・ソウル・チューンのリ・エディット。リプロ盤。

Side A MFSB / Love Is The Message
Side B The Chi-Lites / My First Mistake

Mr.K / Feelin' James
Mr.K / Feelin' James

¥ 990

【Used】87年、Danny KrivitがMr.K名義でDJ向けメガミックス専科〈T.D.Records,Inc〉からリリースしたメガミックス名盤「Feelin' James」。タイトル通りJames Brown楽曲とIncredible Bongo Band / ApacheやAretha Franklin / Rock Steadyなど定番ブレイクをテープ・エディットでカットアップしたもの。見事なセレクトと高い構成力で後続のDJらがこぞって2枚使いした。聴けばわかります。ホワイト・レーベル。リプロ盤。

Side A Feelin' James
Side B Feelin' James Instrumental

Grandmaster Melle Mel & The Furious Five / Pump Me Up
Grandmaster Melle Mel & The Furious Five / Pump Me Up

¥ 3,850

【Used】84年、Grandmaster Flash & The Furious FiveからGrandmaster Melle Mel & The Furious Fiveへと名義変更となった新生Furious Five。

映画『Beat Street』サントラへの参加やシングル「Step Off」のヒットを経て、85年にリリースされたTrouble Funkとの共演盤「Pump Me Up」。タイトル通りTrouble Funk「Pump Me Up」と「Drop The Bomb」のメドレーにGrandmaster Melle Mel & The Furious Fiveの豪快なラップが乗ったオールドスクール・クラシックだ。

英国オンリーでリリースされたこのシングルは、見ての通りGrandmaster Melle Mel =筋肉=パンプアップとPVのイメージをそのまま落とし込んだド直球なピクチャー・シングル(ピクチャーにする意味があったのか?は言いっこなし)。B面には、当時メガミキサーとして名を馳せていたSanny-Xによるメガミックスを収録。



【Picture Side】Pump Me Up

【Side B】The Megamelle Mix DJ Mix [Megamixer] Sanny X
B1.a Step Off
B1.b The Message
B1.c Beat Street
B1.d New York New York
B1.e World War III
B1.f New York New York
B1.g It's Nasty (Genius Of Love)
B2 Pump Me Up (Instrumental)

London Beats Volume.2
London Beats Volume.2

¥ 1,000

88年、人気絶頂だったサウンドシステム〈Funki Drad〉のパーティー用に制作され街角販売されたJazzie Bによるメガミックス。Volume.2よりネタ感抑えめビート感強めのDJプレイに適した仕上がり。パーティーではこのレコードを使いそのままラップやトースティングを乗せていたらしい。こういうレコードが一枚あるとなにかと重宝する。同年、SoulⅡSoulは「Fairplay」で〈10 Records〉からデビューし世界的ヒットを飛ばしていく・・・。


【Side A】Untitled
【Side B】Untitled

London Beats Volume.1
London Beats Volume.1

¥ 1,000

87年、Jazzie B率いるサウンド・システム〈Funky Drad〉のパーティー用に制作され街角リリースされた海賊盤。Side Aは、同じ海賊盤メガミックスのクラシック〈Bozo Meko〉の「Flash To The beat」のカウント・ダウンで幕を開けるレアグルーヴ・クラシックス・メガミックス。Side Bは、ブレイク定番のMelvin Bliss「Synthetic substitution」のループに、James Brownものが乗ったカットアップ・ブレイクス。

【Side A】
Sweet Charles - soul man.
James brown & The JB's - More Peas.
James brown & The JB's - You can have watergate.
Headhunters - If You've Got it, You'll Get it.
The Equals - funky like a train.
Bar kays - Holy ghost.
Donald Byrd - Dominoes
Fun boy three - Faith hope & charity.
Blackbryrds - rock creek park.
Full force - Alice.
Run Dmc - live at the funhouse.
Fab 5 Freddy - Une Sale Histoire (Female Version)
Biz Markie - make the music with your mouth instrumental.


YMO / Megamix
YMO / Megamix

¥ 2,980

【Used】83年にYMOが散開した。それから3年後の86年、突然〈アルファ・レコード〉からリリースされたメガミックス作品がこれ。本作では、藤原ヒロシ、屋敷豪太、KUDOらによってYMO作品をedit〜scracthといった手法でメガミックス〜リミックスとして仕上げられた。国産初のメガミックス・シングル(諸説あり)。

【Side A:Megamix】
1 Rydeen
2 Absolute Ego Dance
3 Kimi Ni Munekyun
4 Technopolis
5 Computer Game "Theme From The Circus"
6 La Femme Chinoise
7 Simoon
【Side B】
B1 Firecracker (Remix)
B2 Behind The Mask (Remix)

Big Apple Productions Vol. 6
Big Apple Productions Vol. 6

SOLD OUT

¥ 880

【Used】リリース年代不明の「Big Apple Productions Volume 6」。レーベル・デザインが手書き&イラスト?!レーベルの担当者が変わったか?!シリーズ最後のリリースとなったVol.6は、Rob Razor BladedとクレジットされたLatin Freestyleのメガミックスだ。Beef's House Mixとは当時大流行していたHouseへの当て擦りか?

【Side A】
Beef's House Mix
【Side B】
Rob Razor Bladed Free Style Mix

 Big Apple Production Vol. V
Big Apple Production Vol. V

¥ 990

【Used】91年リリースの 「Big Apple Production Vol. V」。ディスコ・テンポにファンク、エレクトロ・ディスコ、ラテンフリースタイル、シカゴ・ハウスなどが次から次へとミックスされていくメドレー作品だ。また、B面にはハウス色の強いヴァージョン違いのメガミックスが収録されている。

派手なギミックがないぶん、そのままプレイしっぱなしでも威力を発揮しそうな現場ユーズ感たっぷりの仕上がりになっている。クレジットは相変わらずSer&Dufff、そして、Special Sとあるが詳細は一切不明だ。

【Side A】
A1 Genius At Work
A2 Genius At Work (Untitled Mix)
【Side B】
B1 Genius At Work (House Medley)
B2 Genius At Work (The Power Remix)
B3 Genius At Work (Bonus Beats)

Big Apple Production Vol. IV
Big Apple Production Vol. IV

SOLD OUT

¥ 1,100

【Used】89年にリリースされた「Big Apple Production Vol. IV」。前作からハウス寄りに大きく舵を切った内容で、シカゴ・ハウスを中心としたオールドスクール・ハウス・メガミックスになっている。B面ではPal Joyがディスコ・クラシックス「Love Is The Message」のRe-Editに挑戦している。

【Side A】
Various Genius At Work 9:09
【Side B】
MFSB Love Is The Message (Remix) 4:24

Big Apple Production Vol.Ⅲ
Big Apple Production Vol.Ⅲ

¥ 700

【Used】87年にリリースされた「Big Apple Production Vol.Ⅲ」。全2作と違いヒット・チャートとは無縁のUltimate Breaks & Beatsやレア・グルーヴ色の強い楽曲をメガミックスしている。ミックスもスクラッチを多用したターンテーブルを使ったものだ。つまり、本作はSer & Duff名義ではあるが、テープ・エディットを武器しているThe Latin Rascalsではなく、スクラッチを武器にしているDj Dukeなる人物によるメガミックスだ。当時のヒップホップのサンプリング・ネタも多く使われているため、Lessonシリーズにも通じる選曲&ミックスのせいか、このVol.Ⅲが一番人気だ(2000年代にも再プレスされている)。このレコードでDJミックスやスクラッチの練習をした人も多いだろう。B面にはRe-Editが収録されている。

【Side A】
Various Genius At Work 8:00
【Side B】
Trouble Funk Pump Me Up 6:00
Janet Jackson Think Of You (Remix) 8:40


Big Apple Production Vol.Ⅱ
Big Apple Production Vol.Ⅱ

¥ 1,500

【Used】84年にリリースされた「Big Apple Production Vol.Ⅱ」。シリーズ中の最高傑作という人も多い作品。それもそのはずVol.1に続いてSer & DuffことThe Latin Rascalsがハサミをふるいテープ・エディットを施し制作したメガミックスだからだ。様々なミックスのアイデアが盛り込まれており今聴いて全く古さを感じさせない。まさにGenius At Workな作品だ。B面には昨今のDJ界隈で盛んにリリースされているようなRe-Edit楽曲が収録されている。

(Orig.) Big Apple Production Vol. II - Genius At Work (8:20)
A1.1 –Unknown Artist Untitled
A1.2 –Davy DMX One For The Treble (Fresh)
A1,3 –Reflexx Featuring Kool DJ AJ Let's Kratz (A-ja-i-jo)
A1.4 –Kurtis Blow The Breaks
A1.5 –Cheryl Lynn Encore
A1.6 –The Art Of Noise Beatbox Diversion 10
A1.7 –Malcolm McLaren Hobo (Scratch)
A1.8 –CD III Get Tough
A1.9 –Herbie Hancock Rock-It
A1.10–Malcolm McLaren Buffalo Gals
A1.11–Afrika Bambaataa & Soulsonic Force Looking For The Perfect Beat
A1.12–Unknown Artist Untitled
A1.13–G.L.O.B.E. & Whiz Kid Play That Beat Mr. DJ
A1.14–Man Parrish Hip Hop, Be Bop (Don't Stop)
A1.15–Sharon Redd Beat The Street
A1.16–Bell & James Livin' It Up (Friday Night)
A1.17–The Trammps Disco
A1.18–Julius Brown Party
A1.19–Shannon Let The Music Play
A1.20–Hassan & 7-11 City Life
A1.21–Newcleus Jam On It
A1.22–C.O.D. In The Bottle
A1.23–Break Machine Street Dance
A1.24–Unknown Artist Untitled
A1.25–Culture Club Miss Me Blind
A1.26–Innocence In Danger Who Do You Think You Are?
A1.27–C-Bank One More Shot
A1.28–Torch Song Prepare To Energize
A1.29–NV Let Me Do You
A1.30–John Rocca I Want It To Be Real
A1.31–Hashim Al-Naafiysh (The Soul)
A1.32–Guru Who You Stealin' From
A1.33–Loleatta Holloway Crash Goes Love
A1.34–Imperial Brothers We Come To Rock
A1.35–Eddie B. (2) & Oscar T. Where's The Beef?
A1.36–Unknown Artist Untitled
(Orig.) Big Apple Production Vol. II - Bonus Beats
A2 Shannon Give Me Tonight 1:15

Stone Fox Chase (Orig.) - Genius At Work
B1–Area Code 615 Stone Fox Chase 0:12
Stone Fox Chase (Orig.) - Bonus Beats
B2–Area Code 615 Stone Fox Chase 5:05

Big Apple Production Vol.1
Big Apple Production Vol.1

SOLD OUT

¥ 2,000

【Used】82年、Djミックス〜メガミックスの古典的ブートレッグ・12インチ・シングル・シリーズ『Big Apple Production』の第1弾。このVol.1だけが〈B&W Records〉からのリリース。

当時ニューヨークのFMラジオ局で大人気だったDJやエディターによるマスター・ミックス・ショー。そこでオンエアされたミックスのマスターを拝借し、ブートレガーによってレコード・プレスされ街角で販売されたもの。クレジットを見るとSer&Duffとあるが、これはThe Latin Rascalsだと言われている。彼らは、当時大人気だったエディター・チームで、彼らのテープ・エディットによるメガミックスは全世界のDJやアーティストがチェックしていた。DJミックスのお手本といわれるレコードだ。

A1.1 –Sharon Redd Beat The Street
A1.2 –Heaven 17 Let Me Go!
A1.3 –Rockers Revenge Walkin' On Sunshine
A1.4 –Planet Patrol Play At Your Own Risk
A1.5 –Modern Romance Can You Move
A1.6 –Hamilton Bohannon Let's Start The Dance
A1.7 –The Clash The Magnificent Seven
A1.8 –Nancy Martinez Can't Believe
A1.9 –Pressure Drop Rock The House (You'll Never Be)
A1.10–Afrika Bambaataa & Soulsonic Force Planet Rock
A1.11–Nairobi Soul Makossa
A1.12–The Jonzun Crew Pack Jam (Look Out For The OVC)
A1.13–Man Parrish Hip Hop Bebop
A1.14–D-Train Keep On
A1.15–Barbara Norris Heavy Hitter
A1.16–Silver Convention Get Up And Boogie
A1.17–Aretha Franklin Jump To It
A1.18–Madonna Everybody
A1.19–Howard Johnson So Fine
A1.20–Madonna Everybody
A1.21–Unknown Artist Untitle
A1.22–James Brown Sex Machine
A1.23–Rockers Revenge Walkin' On Sunshine
A1.24–Yazoo Situation
A1.25–Warp 9 Nunk
A1.26–Edwin Starr Contact
A1.27–Yazoo Don't Go
A1.28–Videeo Thang (Gimme Some Of That Thang)
A1.29–D-Train D-Train Dub (Remix)
A1.30–Toney Lee Reach Up
A1.31–Michael Jackson Don't Stop Til' You Get Enough
A1.32–The Gap Band You Dropped A Bomb On Me
A1.33–Steve Miller Band Abracadabra
A1.34–ABC The Look Of Love
A1.35–Carol Jiani Hit 'N Run Lover
A1.36–Divine Native Love (Step By Step)
A1.37–Bobby Orlando She Has A Way
A1.38–Paul Parker Right On Target
A1.39–Patrick Cowley Megatron Man
A1.40–Divine Shoot Your Shot
A1.41–Donna Summer I Feel Love
A1.42–Village People Y.M.C.A.
A1.43–Roni Griffith (The Best Part Of) Breakin' Up
A1.44–Lime Babe We're Gonna Love Tonight
A1.45–Patrick Cowley Menergy
A1.46–Patrick Cowley Do You Wanna Funk
A1.47–Lime (2) Come And Get Your Love

Big Apple Production Vol. 1 12:21
B1.1 –Sharon Redd Beat The Street
B1.2 –Heaven 17 Let Me Go!
B1.3 –Rockers Revenge Walkin' On Sunshine
B1.4 –Planet Patrol Play At Your Own Risk
B1.5 –Modern Romance Can You Move
B1.6 –Hamilton Bohannon Let's Start The Dance
B1.7 –The Clash The Magnificent Seven
B1.8 –Nancy Martinez Can't Believe
B1.9 –Pressure Drop (2) Rock The House (You'll Never Be)
B1.10–Afrika Bambaataa & Soulsonic Force Planet Rock
B1.11–Nairobi Soul Makossa
B1.12–The Jonzun Crew Pack Jam (Look Out For The OVC)
B1.13–Man Parrish Hip Hop Bebop
B1.14–D-Train Keep On
B1.15–Barbara Norris Heavy Hitter
B1.16–Silver Convention Get Up And Boogie
B1.17–Aretha Franklin Jump To It
B1.18–Madonna Everybody
B1.19–Howard Johnson So Fine
B1.20–Madonna Everybody
B1.21–Unknown Artist Untitle
B1.22–James Brown Sex Machine
B1.23–Rockers Revenge Walkin' On Sunshine
B1.24–Yazoo Situation
B1.25–Warp 9 Nunk
B1.26–Edwin Starr Contact
B1.27–Yazoo Don't Go
B1.28–Videeo Thang (Gimme Some Of That Thang)
B1.29–D-Train D-Train Dub (Remix)
B1.30–Toney Lee Reach Up
B1.31–Michael Jackson Don't Stop Til' You Get Enough
B1.32–The Gap Band You Dropped A Bomb On Me
B1.33–Steve Miller Band Abracadabra
B1.34–ABC The Look Of Love
B1.35–Carol Jiani Hit 'N Run Lover
B1.36–Divine Native Love (Step By Step)
B1.37–Bobby Orlando She Has A Way
B1.38–Paul Parker Right On Target
B1.39–Patrick Cowley Megatron Man
B1.40–Divine Shoot Your Shot
B1.41–Donna Summer I Feel Love
B1.42–Village People Y.M.C.A.
B1.43–Roni Griffith (The Best Part Of) Breakin' Up
B1.44–Lime Babe We're Gonna Love Tonight
B1.45–Patrick Cowley Menergy
B1.46–Patrick Cowley Do You Wanna Funk
B1.47–Lime Come And Get Your Love

Flash To The Beats / Fusion Beats Vol.2
Flash To The Beats / Fusion Beats Vol.2

¥ 770

【Used / リプレス盤】80年に〈BOZO MEKO RECORDS〉よりリリースされたブートレッグ・レコード。しかし、2000年代にはいってもリプレスされるヒップホップの元素記号いやDNAのような作品だ。このレコードは音質が悪い、極めてローファイ。はじめて聴いたときは、聴いちゃいけないものを聴いたような気がして引き込まれたのを覚えている。

それもそのはず、この音源はカセット・テープ・マスター(!)で、当時のライヴ会場でライン録りしたものらしい。こういった街角だけで流通していたブートレッグ・レコードがのちにヒップ・ホップと呼ばれる音楽の種となって世界中にばら撒かれていったのだ。

【Side A】Flash And The Furious 5 / Flash It To The Beat
【Side B】( Afrika Bambaataa, Afrika Islam, Jazzy Jay) / Fusion Beats Vol .2